適応障害はストレスが原因です~スっとストレス解消情報便~

悩める人

ストレスが原因となる

腕組みをしてどこかを見つめる男性

適応障害になる原因としてほとんど挙げられるのはストレスです。ストレスを過剰に感じることによって、適応障害が発生し、日頃感じるストレスが、より嫌なものへと変わっていきます。そもそもストレスというものは、どんな人でも感じることです。人生を生きていると、多くの人と出会い多くの経験をします。その中には、自分が望まないこともとてもたくさんあり、その状況でストレスを感じることがあります。そういう環境の代表例としては、学校や仕事場があります。学校は大人数で授業を受け、時としてクラスのメンバーと協力して作業することが必要になることがあります。そんな状況で、相性の良い人と一緒に作業が出来れば良いのですが、相性が悪い人と一緒にやることになり、ストレスを感じてしまうということもあります。そうなってしまえば、本来楽しめるはずの作業ですら楽しむことができなくなってしまいます。また、仕事場などであれば、余計そのような出来事があります。なぜなら、仕事場には必ずと言っていいくらいに上下関係があるからです。その仕事場に入社したばかりであれば、年齢などは関係なく、全ての人が先輩となります。そのため、多少の圧迫感を感じることがあり、それがストレスとなります。そのような環境に馴染んでいき、周りの人と上手くやって行ければ良いのですが、上手くいかないこともたくさんあります。それでも苦手な先輩や上司と仕事をしなければなりません。そんな毎日が続いていくと、毎日ストレスを感じるようになり、適応障害の原因となる可能性があります。

適応障害になると、精神的にも身体的にも症状が現れることがあります。これは、本来であれば、見過ごすことができる程度のことなのですが、あまりに過剰な場合があるので、とても危険なのです。精神的な症状としては情緒が不安定になるということがあります。人は仕事や物事に励む際には集中をします。しかし、情緒が不安定になり集中できない状態が続くと、それは適応障害の症状が現れている証拠です。また、心配事が増えるということもあります。人は多少なり物語を心配に感じることがあります。そんため、自然なことかと考えますが、そのような症状に過敏になってしまうと危険なのです。このどちらの症状も、日常的に起こる可能性があることではあるのですが、適応障害となると、症状がずっと続きます。それは毎時間、そして毎日のように続くことになるため、勉強や仕事が手につかなくなってしまうのです。

適応障害における身体的案症状としては、悲しい気持ちになり、泣き出してしまうということがあります。そんなに悲しいことが続いているわけでもないのに泣きだしてしまったりすると、それは感情のコントロールができていないことになります。また、疲れを感じて、その疲れがとれないということもあります。疲れは本来、休憩と取ったり、眠ったりすることで解決できます。しかし、適応障害になると、疲労感がずっと続き、とても無気力な状態が続きます。そのため、何をするにもやる気が出ずに、ずっと倦怠感が続いていくことになります。また人によっては頭痛を伴うこともあります。頭痛は風邪などの症状としても捉えることができますが、適応障害でも起こる症状なのです。社会生活の中でストレスを感じ、それによって倦怠感や悲観的思考の連鎖、頭痛などおきるようであれば、高い確率で適応障害だと考えることができます。自覚症状がなくても、このような症状があるのだと知っているだけで、自ら改善へと繋げることができます。しかし、中にはただの悩み過ぎだと考える人もいます。しかしそれはとても危険な状態であると言えますので、自分の身体をいたわり、しっかりと改善へ繋げて行くことが大切になってきます。